卓上カレンダーをきれいに印刷するための注意点

日にちも時間もスケジュールでさえも、今はスマートフォンで手のひら管理ができる時代ですが、ふと目を向けた先に予定を確認できる卓上カレンダーがあるととても便利です。市販されているものや企業のノベルティグッズとして手に入れられるものもありますが、自分でデザインした卓上カレンダーをインテリアとして飾るのもオススメです。ご自宅にパソコンとプリンターをお持ちであれば、Excelソフトで簡易的な卓上カレンダーを印刷することもできます。インテリアとしてデザイン性の高いものを希望するのなら、ハンドマーケット通販サイトの作者に依頼して作る方法もありますが、オリジナリティあふれるデザインの卓上カレンダーを求める方には、思い切ってご自分でデザインから印刷までを手掛けることにチャレンジしてみてはどうでしょう。

卓上カレンダーをデザイン起案から印刷まで自宅でおこなうには

フリーソフトを使えば、お気に入りの写真を使用し自分でデザインしたロゴマークやイラストなども簡単に差し込むことができ、綺麗に印刷できます。台紙や付属品などの専用品も揃っていますので、市販の卓上カレンダーと変わらない仕上がりを望めます。自分で卓上カレンダーを印刷までおこなうのは多少手間がかかりますが、自分の記念日をあらかじめ印刷出来たり細部にまでこだわりをだすことができるので、世界に一つしかないオリジナルカレンダーを作ることが可能です。フリーソフトを使用する場合、卓上カレンダーのデザインのみをおこない印刷については印刷会社に任せる方法と、卓上カレンダーのキットを購入しフリーソフトでデザインしたものを自宅で印刷するタイプのものがあります。どれだけの数の卓上カレンダーを作るかによって使用するソフトを選択してください。

よりお得に卓上カレンダーを印刷するには

自分用に卓上カレンダーを1部だけ印刷する場合は、費用に関してあまり気にすることもないでしょうが、ある程度の部数を作る予定がある場合は費用がかさみますので、卓上カレンダーを印刷する際の価格の比較はするべきでしょう。フリーソフトを使って注文するのか、印刷会社に依頼するのか、印刷数に融通性があるのかも大事なポイントです。大企業でない限り多大な数は必要ないので、ある程度の部数でもリーズナブルに印刷できる方法を見つけましょう。印刷部数が多ければ当然1部の単価は下がりますが、カレンダーは1年間しか使うことができない期間限定のものです。その年が過ぎてしまえば利用価値がなくなります。思い出の写真を使っていればフォトブックとしての役割もなくはないですが、カレンダーは利用期限がある品だということは忘れてはならない事柄です。