卓上カレンダー 印刷

初心者にお勧めしたい卓上カレンダーを安く印刷する裏技

毎日のスケジュール確認として大切なカレンダーですが、普段どのようなものを使っているでしょうか。カレンダーにはさまざまな種類があり、壁掛けタイプや卓上タイプ、電子タイプのカレンダーなど多くありますが、一番身近なものは壁掛けタイプのカレンダーでしょう。しかし、壁掛けタイプのカレンダーはサイズも大きく家庭で使うことが一般的で、なかなか持ち運びには適していません。そんなときに適したカレンダーというのは卓上カレンダーです。卓上カレンダーは三角形のスタンドタイプにして机の上においておける小さなカレンダーで、折りたたんで持ち運ぶこともできる優れものです。そんなカレンダーを導入するならオリジナルデザインにしてみるのも一興でしょう。今回は卓上カレンダーの印刷に関して説明していきます。

一番気になる卓上カレンダーの印刷費用

カレンダー印刷に限らず、何をするにしても一番気になるのは費用面についてでしょう。当然卓上カレンダーの印刷も印刷会社に依頼して行うため費用が発生します。その費用は一体どれくらいなのかというと、安くてだいたい300百円程度で済みます。そのため非常にお得感があり、自分でデザインしたものを職場のデスクなどに置いておくことができるのです。また、卓上カレンダーと言っても印刷物に変わりはなく、一度の注文で大量に印刷することができるので割引サービスなども行っています。何部ごとにいくらくらいかかるのか料金表を用意している印刷会社もあるので、一度に大量のカレンダーを印刷しないといけないという場合においてもお値打ち価格で非常にスムーズに卓上カレンダーを印刷してもらうことができます。

大量印刷したカレンダーの活用法

個人で利用する分において、卓上カレンダーは一部で十分ですが、大量に印刷した場合は何に使用するのかというと、身近なところで言えば企業のノベルティーなどがあります。駅前でティッシュを配っているようなことと同様の効果を得られ、カレンダーならばもらって困るものではありませんし、卓上カレンダーなのでスペースを取ってしまうこともありません。卓上カレンダーのデザインの中に企業名などを入れておくことで宣伝効果も得られるので、非常に効果的な宣伝手段にもなります。そのため企業でノベルティーを検討している方などは一度卓上カレンダーをオリジナルで作成してみるのも良いでしょう。特に期の変わり目などに卓上カレンダーを配ると喜ばれること間違いなしでしょう。このように卓上カレンダーの印刷は個人でも企業でも利用することができます。

価格は全て税込み表記なので消費税を気にしなくても良い。 税込み表記、送料無料(沖縄・離島を除く)、会員登録時に直ぐに使える1000ポイントが貰える。 名古屋の店舗では、印刷の窓口のみならず、レンタル会議室や絵画などの展示会も行っております。 簡易デジタル校正(送料込みで820円~)。 チラシ、フライヤー、名刺、ハガキ、パンフレット、ポスターなど、少部数から短納期で印刷に対応。 卓上カレンダーの印刷ならPRESS-TALKDIRECT